頬のたるみをとるには

頬のたるみをとるには

 

頬のたるみをとるには、いろいろは方法があります。美顔器、化粧品、顔ヨガ、マッサージからリンパマッサージなどです。まず対策方法を考えるために、まずは顔がたるむ原因から考えていきたいと思います。考えられるたるみの理由は、@老化です。若いころには肌がピーンと張っていて、ほうれい線など、いつの日からほうれい線が気になるようになりますよね。身体と同じように肌も老化を起こします。肌の奥にはコラーゲンをうむ組織や、肌のハリや弾力をになう組織がありますが、そこが老化していくことで肌が弾力を失うため、肌のたるみが起こります。なぜできるんだろう??なくす方法がが知りたいですよね。

 

 

A栄養不足による肌のたるみもあります。20代や30代でも、頬のたるみがきになったりほうれい線がきになる人も多いです。これは、肌の老化現象ともいえますが、お肌への栄養不足が原因である場合もあります。化粧品でいえば、乳液やクリームを使っていない人に多いです。化粧水をたっぷりしておけばOK!と間違った認識の人も多く、乳液を使って水分が飛ばないように蓋をすることや、乳液はお肌への食事とおなじく栄養を届けるものであることを知らない人も多いです。乳液とクリームは同じようなものだと思っている人も多いですが、実際はクリームは肌のより深い組織に作用するもので、肌のハリや弾力を支える組織への栄養はクリームなのです。クリームは使わないで、乳液だけを使っているという方も、たるみが気になるのであれば、クリームも併用したほうが効果が期待できると思います。

 

 

ちゃんと乳液やクリーム美容液まで使っているけれど、肌がたるむという方は、肌自体が弱っているため、せっかく与えている化粧品がお肌に入っていないのかもしれません。生理前などに吹き出物が増えるたり、顔の血行が悪くなる人も多くいます。これらは目に見える変化になりますが、目に見えないレベルで肌が調子が悪くなっていることも考えられます。いつもより化粧水が肌に入らないな?乳液が肌に入らない感じがする?という日ありますよね。これも肌の調子が悪い日によく起こります。肌の調子が悪いとは実際にはどういうことなのでしょうか? 化粧品カウンターやエステなどで見ることができる肌をアップして毛穴の状態や、肌のキメをみるカメラがあります。これでみると分かるのですが、同じ人でも、日によって、肌のキメ(肌の溝)が少なくなっていたり、毛穴が開いていたり、肌がしぼんでいたりします。毎日鏡で顔をしていても、こういった肌の状態をチェックすることはできません。

 

こういった肌状態になっていると、いくら良い化粧品を肌に与えてもキメと言われる溝が少ない肌は、水分を保持する溝がないため、化粧水も普段より蒸発しやすくなります。人間が体調わるい時にご飯を食べれないのと同じで、肌も栄養である乳液をいれても、食べることができないという状況です。それはまず肌自体の調子を整えて、それから化粧品をいれるのが良いということになります。では、どうやって肌の状態を良くしていくのか?それが、美顔器を使う目的になります。

 

目には見えないほどの高速で振動する超音波美顔器は、それによりお肌の奥深くの組織が振動することでお肌自体が元気になります。美顔の中には生体電流を使っているものがありますが、人の生体電流より自分の生体電流を使って美顔器を使ったほうが、よいよいため美顔器は自分の手を使うほど良いとういことになります。美顔器を使ったあとのお肌は、肌が元気になり水(化粧水)や、ご飯(乳液やクリーム)をたくさん食べる状態になります。これにより、普段のお手入れだけではなかなか肌の奥に届かない栄養が肌に届くようになります。美容液なども、美顔器を使ったあとに使うほうが効果が高いと言われるのも、肌自体が元気になり肌のおくまで美容液が入っていくからです。

 

 

化粧品以外で肌のたるみを取る方法としては、ジョギングがありますが、一般的にかなり時間がかかると思われます。顔のたるみは本当に懸装品で解決できるのかと思っている方は、エステに行くとわかりますが、ハンドエステや美顔器などを使ったあとに化粧品を使ってのお手いれをした肌は、お手入れ前とはちがいハリのある引き上がった肌になると思います。化粧品が悪いのではなく、手段にもこだわるべきなのかもしれません。

 

 

顔の中のたるみでも、一番多いの悩みは目の下のたるみです。主に加齢によるものですから、40代50代になると申告な悩みとなっています。深刻な悩みなあまり、リフトアップやヒアルロン酸注射などの美容整形などをお考えの方も多いですが、加齢が進めばまたからなず頬のたるみはやってきます。整形の費用を考えれば、それが永遠に続かないことを考えると地道に化粧品でお手入れするほうが、数年後に差がつくように思います。プチ整形といえど、やはり整形です。金額なども十分に配所したいところ。

 

ブルドックのような頬にならないために、やはり化粧品など日頃のお手入れも大事ではないでしょうか。テレビではレチノールという有効成分がはいった化粧品や、薬が話題です。それだけで肌の悩みが解決するというのは、年齢を重ねた肌ほど難しいと思います。アンチエイジングが気になる世代になると、たるみも気になるし毛穴も気になるし、シミもシワも!!そういった肌に出ると言われる悩みすべてが一気に出てくるのが、40代からのお肌。総合的に肌のちからを上げていくことが必要です。

 

 

若い20代から30代の方で、顔のたるみが気になる方の中には、たるみではなくリンパの流れが悪いことにより老廃物がたまったむくみである場合もあります。その場合は、耳したから鎖骨に向かってリンパを流すことにより改善することがあり、これであればたるみ対策ではなく、マッサージングクリームなどを使い日頃から顔の老廃物を流すことにより、解消に向かうと考えられます。顔のマッサージトレーニングや、耳の後ろにある耳つぼによって改善した人もいますが、万人に効くのかは不明です。

 

 

老廃物を流すリンパマッサージやツボなどでも解決しない場合は、普段く生活のクセにより顔がたるみやすい環境があるともいえます。人の顔は非対称です。腕を組むクセ、足を組む癖、寝る時の向き、肘を付いていたりすると歪みが生じそこに老廃物が溜まりやすかったりするのです。たるみとむくみの違いは、年齢もありますが常に顔のがたるみが気になるのか、それとも疲れを感じた時などに顔が違ってみるのかもあります。一時的なのか、慢性的なのかこれによってむくみなのか、たるみなのかを見分けるポイントになるかと思います。

 

 

顔や頬のたるみが気になる方の多くには、ほうれい線(ブルドックライン)が気になるという方が多いと思います。ほうれい線を消す方法や対策があったらぜひ知りたいですよね。化粧品としては、ドモホルンリンクル、ドクターシーラボ、ポーラ化粧品、ソンバーユ、アスタリフトやアヤナス、ウルセラやオルビスが人気ですね。基礎化粧品ではなく美容液、クリームなど1つの商品でたるみ対策に特化したものもあります。最近ではためしてガッテンでも紹介されていました。ココにあげた化粧品以外にも、サプリメントやかっさなどもほうれい線対策として人気です。リファカラットなののローラーもずっと人気があります。表情筋を鍛えるように、顔の筋肉を動かすことも有効といわれています。ベロ回しも一度話題になりましたが、逆効果であるとの説もあり試すのが怖いですね。

 

美容鍼である円皮鍼(パイオネックス)も人気。ソレダメという番組でも話題になっていました。ほうれい線がテープやテーピングでなくなるという話もありますが、それだとたるみでなくむくみですね。寝るときにやるやり方です。これは髪型をひっぱったポニーテールにしてたるみをひきあげる方法と同じような原理ではないでしょうか。法令線の原因は歯科矯正や歯並びになると歯医者さんは考える方もいます。歯や骨格によっては、法令線ができやすい顔立ちもあるようです。口に加えるグッズがあるのも、筋肉を鍛えて法令線をなくすという考えのようです。

 

 

とにかく肌は年齢ととにコラーゲンやヒアルロン酸を失い、また作り出す力が弱まるので、その力が減っていくのを遅くするためにも若いウチからしっかり肌のお手入れを続けて、法令線予防をやっていくのが一番良いことです。すでに30代以上の方は、今の肌状態を少しでも良くするためにエステや美顔器、化粧品など自分でやれることをまずは試すことです。